無利息キャッシングのメリットとデメリット

誰でも経験のあることだと思いますが、給与支給日前はお金が足りなくなって、凌ぐのに一苦労です。筆者も給与の出るまでの数日間を水のみで凌いだ経験が多々あります。とある著名な先生でさえも、若い頃はゴマ塩だけで給与日前の数日を凌いだというエピソードがある程ですから、何も恥じることではないと思います。ただ、給与日前の数日によく思ったものです。無利子でお金を少し借りられれば楽に凌げるのにと。
残念ながら筆者の若いころにはそんなことをできる業者はなかったと思います。現在は、一定期間内に返済すれば無利子で借りられる業者がありますから、うらやましい限りです。
そんな無利息キャッシングのメリットは、言うまでもなく無利子で借りられることです。例えば新生銀行グループのシンキ株式会社が行っているノーローンは、借入日の翌日から7日間は無利息となっているほか、完済日の翌月以降も1週間無利息となっており、給与日前が毎月地獄の日々である方々にとっては、この上ない朗報と言えるものです。これをうまく利用すれば無利子で必要な時にだけ資金調達ができます。もう給与前の数日に地獄を味わう必要がなくなったと言っても過言ではないでしょう。
審査に関しても昔と比べて最近はスムーズになっております。バンクイックの審査体験談などで事前に審査の流れを把握しておけば即日でお金を借りる事もできるでしょう。
ただ、物事なんでもいいことばかりではありません。無利息キャッシングにもデメリットがあります。まずは、個人情報を業者に晒さなければならないことです。これは業者の所定の審査を受けなければなりませんからやむを得ないことではあります。しかし、自分にとって最高の機密情報ですから、やはり一抹の不安を覚えずにはいられません。
また、万が一無利息キャッシングをしたけれども完済できなかった場合は、当然利息がとられます。さらに、返済期限以降も未払状態を続けると、信用情報に傷がつきます。何か買うときにローンを組めなかったりする可能性は否定できません。
ここまでは他のキャッシングでも同様のことがデメリットとしてあげられると思います。ただ、次のものは無利子キャッシング独自のデメリットと言ってよいでしょう。
やはり無利子キャッシングということで、他のキャッシングに比べて油断が生じやすいということが最大のメリットと筆者は感じます。無利子だからということで甘い返済計画のもと借り入れをしてしまいやすいと思うのです。もちろんこれは業者の責任ではありません。借り入れは借り入れする側の自己責任で行うことですので、借り入れする側が、強い意思としっかりした計画をもって行わなければなりません。無利子というのはあくまで業者にとっては他社との差別化や顧客数のアップおよび顧客の囲い込みをするための戦略にすぎないでしょうから、顧客側がより賢さを持って対応して、決して借金地獄に陥ることのないようにすることが必要です。

主婦キャッシングの審査前に確認すべきこと

当然のことながら主婦キャッシングを行うためにはまず審査をパスしなければなりません。しかしある条件を満たしていると審査に不利になるケースがあります。ではどのようなケースが審査を難しくする要因となるのでしょうか?ここでいくつかの点をご紹介します。
まず残念ながら審査通過がほぼ不可能なケースです。過去5年間に債務整理をしたことがある人、もしくは夫がその経験をした人、そして過去10年間に自己破産の経験がある人、もしくは夫がその経験をした人は審査通過が非常に難しいといえるでしょう。金融機関がキャッシングを行う際に重要視する点は返済能力がその人に備わっているかどうかです。そのため債務整理や自己破産の経験は返済能力の有無が問われる重要なポイントであるためにこれらの経験がある人、もしくはその配偶者にお金を貸す金融機関は非常に少ないといえます。
また申し込み時に嘘の情報を提供し、それが発覚した場合もキャッシングがほぼ不可能となります。主婦キャッシングの申し込みでよく見られる嘘情報は夫ではない人を偽って夫として紹介し、お金を借りようというものです。しかしこのような嘘情報はすぐに見破られてしまい、お金を金融機関から借りにくくする原因を作ることになります。それでこの手の嘘は絶対に避けるべきです。
また過去5年間にローンや公共料金の支払を滞納したことがある人は審査をパスできないことがあります。数日間の滞納なら問題はないかもしれませんが、1ヶ月以上の滞納は審査に影響することがあります。それでこうしたことを避けるために返済期限をしっかりと守ることや公共料金の支払いを引き落としにするなどの対策を練る必要があるでしょう。
また半年以内に複数のキャッシングに申込んでいる場合も審査で不利になることがあります。たとえこれまできちんと返済を行っていたとしても審査を難しくする要因となることがありますので、キャッシングを気軽に利用しないよう心がけることができます。
これらの点を思いに留めて主婦キャッシングの審査通過に不利になることを避けるよう心がけることができます。

総量規制対象外のキャッシングをする際のメリット

お金が無い、と思った経験のある方は多いのではないでしょうか?
どうしてもお金が必要ならどうすればいいのか、借りるしかありません。
しかし、すでに消費者金融等で借り入れがあり、もう借りることはできない方もいらっしゃるでしょう。
では、なぜ借りることができないのか?総量規制があり、年収の3分の1以上借りているからではないでしょうか?
ならばどうすればいいか?総量規制対象外のキャッシングをすればいいのです。
総量規制対象外のキャッシングといっても何のことかわからない方もいらっしゃるのでは?
つまり消費者金融等の総量規制がある機関でなく、銀行等の総量規制対象外の機関からキャッシングすればいいのです。
総量規制対象外のキャッシングをする際のメリットは、他の消費者金融から年収の3分の1以上借りていたとしても、審査に通る可能性があることです。

また、定期的に収入のない専業主婦の方も審査にとおるチャンスがあります。
専業主婦といえど、自身の急な出費や、家庭内で予定外の出費等で生活費が足りなくなった場合、家族に心配をかけずに一時的にキャッシングをすることが可能になります。

またおまとめローンという言葉を聞いたことはありませんか?
消費者金融を利用し、何社からも融資を受けている方は、返済日の把握はもちろん、心的ストレスも多々あるはずです。
総量規制対象外のキャッシングなら、総量規制に関係なく審査に通るチャンスがあるので、借金を1本化することが可能なのです。
返済日が1日になるだけで、家庭内のキャッシュの動きも容易に把握できるようになり、かなり楽な生活をおくることができるでしょう。
もちろん、金利も低く設定されている場合が多く、トータルの返済額も少なくなるので、毎月の支払い額も減るという利点があります。

また総量規制対象外のキャッシングは収入証明が必要出ない場合もあり、最短で即日審査、即日融資が可能なので、急な出費の際は大変助かることでしょう。

学系向けカードローンを活用するすすめ

学生時代は時間がたくさんあります。社会人になったらどれだけ望んでも手に入れられないような何ヶ月にも及ぶ長期連休が取れますし、体力も一番ある時期なので本当に無理をしながら旅をしていくことも可能です。時間も体力もあるとはなっても、お金についてだけは学生時代はありません。時間をお金に変えるべくアルバイトをするといっても、すぐに手に入れられませんので突然思い立った旅行なんかではうまくいきそうもありません。
そこでオススメするのが学生向けキャッシングです。学生街であれば広告も多数見かけることが多い学生向けキャッシングですが、よくコマーシャルで聞くような大手の消費者金融や銀行などの金融機関から提供されているケースは非常に稀です。普通はその地方に根付いた中小の金融機関が行っているケースが多く、なかなか信用力の面で心配だという意見もあります。確かにそれはもっともで自分の個人情報を多数預けてお金を借りるわけですからその管理はしっかりしているところにできるだけ頼みたいですし、万が一返済が間に合わないときに暴力沙汰に出ないような安心感も欲しいですよね。しかし知名度のある金融機関は得てして審査内容が厳格で学生では借りられない、もしくは借りても金額があまりに小さいなんてことが起こります。旅行、特に学生に多い海外放浪なんかをするにはかなりまとまったお金が欲しいはずですから、ちょっと知名度のある金融機関を利用するのはおすすめできません。学生向けキャッシングは知名度がなくとも、学生に長い間支持されてきているところも多く、先輩などから評判を聞いて安心できるところを選べます。さらに審査内容もアルバイト程度の収入や奨学金も含んだ所得を見てくれますので比較的借入限度額も高めに設定してもらえます。もちろん保証人も成人していれば必要ないことが多いです。せっかくの猶予と言える学生時代なのですから、思い切って借りてみて損はないのではないでしょうか。